詳細

江戸末期から「津の国屋吉貞」の屋号で米沢織、絹織物の織元を営んできた。建物は大正時代建築の国の登録有形文化財。現在は料理屋、「米沢牛・山懐料理 吉亭」として営業。
【映像公開】2014年11月1日、永井毅

コメントを投稿する

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。   * 必須項目

*